サービス一覧と施工例

HOME > サービス一覧と施工例 > 環境衛生 > 衛生害虫駆除・予防

衛生害虫駆除・予防

衛生害虫駆除

ゴキブリ、ネズミ、衛生害虫の発生は営業をおする上で最大の敵!
発生で困っていませんか?
発生していれば早期の駆除が必要です!!発生が無くても予防も大切です!
スポット(1回)施工又は、定期年間管理で害虫からお店を守ります。
※シロアリ、ハチ、ムカデ等のその他の昆虫、ハ虫類、小動物にも対応します。

害虫の主な生息場所
キッチン代器下 (ゴキブリ・飛翔虫) モータ付近 (ゴキブリ) モータ付近 (ゴキブリ)
キッチン什器下
(ゴキブリ・飛翔虫)
什器の隙間
(ゴキブリ)
モータ付近
(ゴキブリ)
排水溝 (飛翔虫) 排水口 (飛翔虫) ゴミ庫 (ネズミ、ゴキブリ、その他)
排水溝
(飛翔虫)
排水口
(飛翔虫)
モータ付近
(ゴキブリ)
花壇にネズミの巣穴 床下の木部 (白アリ)
花壇にネズミの巣穴 床下の木部
(白アリ)
 

ゴキブリ
チャバネゴキブリ クロゴキブリ ヤマトゴキブリ ワモンゴキブリ
ゴキブリ駆除作業
キッチン代器下 (ゴキブリ・飛翔虫) 遅効性薬剤散布 速効性薬剤散布
追い出し 遅効性薬剤散布 速効性薬剤散布
ベイト剤注入    
ベイト剤注入    
主要種の生態
害虫名 特徴 生態 主な発生源
チャバネゴキブリ 体は小さく黄褐色で前胸背面に2本の細長い黒斑あり。 体長:1〜1.5cm/ 一卵鞘中の卵数:18〜50個/ 卵期間:20日/ 成虫期間:2〜3ヶ月/ 成虫の寿命:3〜4ヶ月/ 産卵回数:3〜5回 日本全土、飲食店、ビル、アパート等。
クロゴキブリ 体は黒褐色で光沢があり前胸背面は平滑。 体長:2.5〜4cm/ 一卵鞘中の卵数:22〜28個/ 卵期間:30〜47日/ 成虫期間:8〜11ヶ月/ 成虫の寿命:4〜5ヶ月/ 産卵回数:10〜20回 東北以南、一般住宅、旅館等
ヤマトゴキブリ クロゴキブリによく似るがやや小型。前胸背面に凹凸がある。♀成虫は翅が短く腹部の半分までしかない。 体長:2〜3.5cm/ 一卵鞘中の卵数:14〜19個/ 卵期間:27〜42日/ 成虫期間:8〜11ヶ月/ 成虫の寿命:3〜6ヶ月/ 産卵回数:10〜20回 東北〜中国地方、一般住宅、農家等
ワモンゴキブリ 大型で体は光沢のある黄褐色の斑紋あり。 体長:3〜4cm/ 一卵鞘中の卵数:13〜18個/ 卵期間:32〜41日/ 成虫期間:8〜11ヶ月/ 成虫の寿命:3〜25ヶ月/ 産卵回数:20〜40回 南九州以南、地下食品街、団地、旅館等

ハエ
イエバエ オオイエバエ ヒメイエバエ センチニクバエ
主要種の生態
害虫名 特徴 生態 主な発生源
イエバエ 体長6〜8mm、体は灰黒色。全国各地に普通に見られ、全世界に分布する。 卵から成虫になるまで約12日(29℃)〜29日(18℃)かかる。メスは1回に平均120個の卵を3〜5回産む。 ゴミ処理場、豚舎、鶏舎、牛舎
オオイエバエ 体長7〜9mm、黒褐色で胸背に4本の黒条がある。 卵から成虫になるまで約14日〜17日日要し、メスは1回に約160個の卵を産む。 鶏舎
ヒメイエバエ 体長5〜7mm、細長く、胸背には3本の黒条がある。 卵から成虫になるまで約24日(24℃)〜33日(18℃)かかる。高温には弱いが低温耐性は大きい。 鶏舎、便所
センチニクバエ 体長8〜14mm。大型で灰白色。日本各地に普通に見られる。 卵胎性(メスの体内で幼虫が孵化する)で幼虫から成虫まで約17日(25℃)〜26日(20℃)かかる。成虫は1回に約50匹の幼虫を生む。 便所

アカイエカ ヒトスジシマカ チカイエカ
主要種の生態
害虫名 特徴 生態 主な発生源
アカイエカ 体長5.5mm、。翅長4.5mm。最も一般的な蚊。 全国に分布。雌成虫は夜間吸血性。 下水溝、肥料溜などの汚水。。
ヒトスジシマカ 体長5mm、。翅長3.5mm。体は黒色胸部背面、足に白い斑紋が見られる。 東北地方以南に分布。雌成虫は昼間吸血性で動作は活発。 竹林の切株、空き缶などの狭い溜り水。
チカイエカ 形態的にはアカイエカと区別し難い。 都心部に多く見られ、冬期でも発生。無吸血でも産卵する。 ビルの地下室の溜水や浄化槽。

ダニ
ケナガコナダニ コナヒョウヒダニ クワガタツメダニ
主要種の生態
害虫名 特徴 生態 主な発生源
ケナガコナダニ 主に畳で大発生するダニ。 食品やカビを餌にして繁殖する。高湿度を好む。 畳、食品
コナヒョウヒダニ 室内で最も普遍的な種。アレルギーに原因になる。 ヒトの落とすアカやフケを餌として繁殖する。 畳、カーペット、布団
クワガタツメダニ 刺咬害をもたらすダニ。 捕食性のダニ。他のダニや小昆虫を餌とする。したがって、これらの昆虫・だにの発生に付随して発生をする。

その他の衛生害虫
ネコノミ トコジラミ(ナンキンムシ) イエダニ コロモジラミ
主要種の生態
害虫名 特徴 生態 主な発生源
ネコノミ 1〜2mmの吸血性昆虫。 成虫は血液を餌とするが、成虫はイモムシ状でゴミ中で生息し、ゴミを餌にして成長する。 ペットの体(成虫)、畳の綱ぎ目、畳、カーペットの下(成虫)
トコジラミ(ナンキンムシ) 5mm程度の大きさの昆虫。夜行性の吸血昆虫。 ふだんは畳の間等に隙間に隠れ、夜間に現れ吸血する。 畳の綱ぎ目、畳、カーペットの下
イエダニ 吸血性、寄生性のダニ。刺咬害をもたらす。 ネズミに寄生し、その血液を餌にして繁殖。宿主であるネズミが死んだりした場合、人を刺す。 ネズミの巣
コロモジラミ 人体寄生性の昆虫。 常時人体(毛髪)に寄生し、血液を餌にして繁殖する。 頭髪、下着

不快害虫
アリ アリガタバチ シバンムシ ヤスデ ムカデ
ゲジ チャタテムシ ユスリカ スズメバチ カメムシ
主要種の生態
害虫名 特徴 生態 主な発生源
アリ 部屋に侵入してくる種類は通常、体長2〜3mm程度、体色は赤褐色〜黒色。 複雑な社会生活を行い、女王を中心に、雄、兵、職アリなど多くの階級分化が見られる。多くの種類は屋外性であるが、餌を求めて進入したり、羽アリの大群が侵入したりする。 朽木の中、家の周辺などに営巣する。
(イエビメアリ) 腹部を含めて全体が黄褐色、頭と胸に光沢が無くざらついている。 複数の女王アリがいて繁殖力は大きい。広範囲の植物を昼夜の別なくおそう。 タンスや木箱、板壁の間などに営巣。
アリガタバチ 雄は無翅で形態がアリに似ており、一般のハチと同様、産卵管が毒針となる。 シバンムシの成虫に寄生する寄生蜂。シバンムシが増えると成虫が大発生して激しく人を刺す。 穀類の貯蔵庫や室内の畳表など。
シバンムシ 成虫は体長2.5mm程度の楕円形で赤褐色。幼虫は白色で各体節に沿って短毛列がある。 幼虫は屋内に住み、建材や書籍や植物質の乾燥食品、畳表などを食害する。 穀類の貯蔵庫や室内の畳表など。
ヤスデ 細長い体の各環節に短い歩肢が2対ずつ生えている。 落葉や朽木などの腐植質を食物としているが、梅雨の頃に大発生するとブロック塀群がったり室内に侵入する。人をかむことはない。 屋外の落葉下、朽木の中、石や倒木の下など。
ムカデ 成長すると体長15cmにも達する。頭に続く胴節から1対づつ脚がでている。 室外の草むらなどで昆虫や小動物を食べて生活している。オオムカデ類はよく室内に侵入し、かまれる被害が起こる。 室外の草むら、林の落葉の下、石垣の間など。
ゲジ 成虫は24mm内外で灰黄緑色。歩肢は15対で長い。 屋外の昆虫やくもなどを食物としているが、住宅や倉庫の中によく侵入する。人をかむことはない。 屋外の落葉下、瓦礫の下など。
チャタテムシ 屋内性の種類は無翅で体長1.5mm以下。 屋内で普通に見られ、貯穀食品をはじめ、動植物標本などを食害する。 畳、壁紙、動植物標本、穀類の貯蔵庫など。
ユスリカ 幼虫は水生で、成虫は体長11mm。夕方群飛し、蚊柱を作る。 幼虫は水生で、水中の有機物を植物とする。成虫発生のピークは初夏から秋であり、灯火に飛来し、室内に侵入するので、河川周辺では不快害虫として問題となる。 湖沼、河川、用水路周辺。
ススメバチ 体長は20〜30mm、中には40mmにもなる大型の種類もある。毒針を持つ。 家の軒先や生け垣などに作った巣に、触れたり近づく人間を刺す。このハチは大型で毒量も多いため、刺されると死に至ることもある。 樹枝、崖、軒下、屋根裏、土中などに営巣。
カメムシ 幼虫、成虫ともに悪臭を出すことで知られる。 植物を食物とし、農作物の害虫となる種もいる。また、越冬習性のある種類は民家の縁の下や屋根裏、畳の下などに大群が潜入し問題となる。 室外であるが灯火に飛来する。

チョウバエ
オオチョウバエ ホシチョウバエ ノミバエ
主要種の生態
害虫名 特徴 生態 主な発生源
オオチョウバエ 体長4〜5mm、体色は黒灰色、翅には多数の毛があり、飛ばないときは翅を水平にたたむ 下水溝、浄化槽等の汚泥から発生し、5〜6月、9〜10月がピークとなる。ひらひらと蝶のように飛ぶ。飛翔力は小さく発生源の近くに成虫が生息する。 浄化槽、下水処理施設、台所、風呂場、排水溝、下水溝、その他暗く湿った場所
ホシチョウバエ 体長2mm、体色は灰白色、翅には多数の毛があり、飛ばないときは翅を屋根型にたたむ オオチョウバエと同じ 浄化槽、下水処理施設、台所、風呂場、排水溝、下水溝、その他暗く湿った場所
クワガタツメダニ 体長1.5〜2.5mm、体色は黄褐色、後脚腿節が太い 腐敗した動植物質から発生する。ほとんど飛翔せず、強大な脚で飛び跳ねるように歩く。 台所、浄化槽、下水処理施設、漬物桶、その他腐敗した動物物質

ネズミ
クマネズミ ドブネズミ ハツカネズミ
ネズミ駆除作業
侵入口封鎖 侵入口封鎖 侵入口封鎖
侵入口封鎖 侵入口封鎖 侵入口封鎖
侵入口封鎖 侵入口封鎖 殺鼠剤配置
侵入口封鎖 侵入口封鎖 殺鼠剤配置
トラップボード配置  
トラップボード配置    
主要種の生態
害虫名 特徴 生態 主な発生源
クマネズミ 体色は黒色または茶褐色、耳が薄く大きい、尻尾が胴体より長い、ドブネズミよりやや小型(18〜20cm) 性質は臆病、壁登り、ひも渡りが得意、水泳は不得意、雑食性であるが、植物性を好む、多湿に弱く乾燥には強い、立体的に行動する 天井裏、壁の中、梁の上、棚や家具の上などの高所、乾いた場所等
ドブネズミ 体色は灰白色、耳が厚く小さい、尻尾が胴体より短い、クマネズミよりやや大型(20〜26cm) 性質は凶暴、水泳が得意、壁登り、ひも渡りは不得意、雑食性であるが、動物質を好む、多湿に強く乾燥には弱い、平面的に行動する 床下、台所、地下室、下水、石垣、植込、湿った場所等
ハツカネズミ 体色は褐色または黒色、耳が丸く大きい、尻尾が胴体より短い、小型(6〜9cm) 性質は気まぐれ、雑食性であるが植物性(特に種子k)を好む、乾燥には強い、潜行的に行動する 物置、納屋、積わらの下、縁の下、壁板の隙間、他種が入り込みにくい場所等

衛生害虫予防

飛来虫 防虫ネット 取付前 飛来虫 防虫ネット 取付後 飛来虫 防虫ネット 取付後
飛来虫 防虫ネット 取付前 飛来虫 防虫ネット 取付後 飛来虫 防虫ネット 取付後
飛来虫 防虫ネット取付作業中 飛来虫 防虫ネット取付作業中
飛来虫 防虫ネット取付作業中 飛来虫 防虫ネット取付作業中  

TOPへ